ポンギーの女将になりました!

 

 

にいなです。

この度、ポンギーの女将を任せていただくことになりました!

 

ポンギーに来て、気がつけばもう二年半。

まさか自分がポンギーの女将に任命されるなんて!

 

私でやっていけるだろうか?と不安な一方、

「これからもポンギーで日本中、世界中のゲストさんをお迎えするために

 何ができるだろう?」

とワクワクする気持ちもあります。

 

まだまだ、自分はひよっこスタッフと思ってやってきましたが、

前スタッフのまるさん、ゆうさんが築いてきたものを引き継いで

さらに発展させていきたいと身が引き締まる思いです。

 

今まで、ポンギーでやってきて思うことは、

 

ポンギーは一人ひとりのゲストさんにとても心を配っていること、

そして、掃除を徹底的にしていることです。

 

オーナーのまさきさんは、いつもスタッフに、

 

「ゲストさん一人ひとりにハートで寄り添い、今、この瞬間に、

 どのような心で、何ができるかを常に考えて行動してください」

 

「笑顔はもちろん大切。でも、もっと大切なのはその笑顔が心から出ているか、です」

 

と言っています。

 

まだ自分に自信がない私にとっては、「人の顔色を伺いながら。。。」となってしまい、

これらのことはとても難しく感じられますが、

これからは、「少しでも与える(give)側の人になろう」と心がけていきたいと思います。

 

ポンギーでは掃除を徹底的にしています。

 

古民家の掃除は楽ではありませんが、毎日、妥協せず掃除しています。

布団は必ず外で天日干しするか、部屋で風を通してフワフワ清潔に保っています。

毎日のマット運びはとても大変ですが、これをやるのとやらないのとでは寝心地が大きく変わるのです。

 

ダイエットの運動!と思って毎日マットを運んでいます(笑)

 

今はゲストハウスブームといえるほど、

モダンでお洒落な新しいゲストハウスがどんどんできていますが、

ポンギーは昔ながらのとても小さな家で、新しくないし、天井は低いし、

段差も多いし、現代風の建物とはまったく逆です。

 

でも、ホッと落ち着く、お金では買えない、何とも言えない温かさがあって、

我が家で落ち着いているような。この空気感が私は大好きです!

 

スタッフが活き活きと働き、ゲストさんに快適にお休みいただき

(そして、なんらかの心のお土産も持って帰っていただき)、

お宿代からの寄付でアジアの子ども達もハッピーになる。

 

小さいながらも、そんなハッピーの連鎖をつくり出している

ポンギーの女将になれたことをとても嬉しく思っています!

 

ゲストさんがご自分の家に帰った時に「ポンギーで良い想い出ができた!」

とハートが温かくなるようなおもてなしをしていきたいと思います。

 

そして、ミャンマーの子供たち支援についても、

自分でできることを探してやっていきたいと思います。

 

まだまだ未熟ではありますが、皆さまこれからもどうぞ宜しくお願いいたします!

 

にいな

I'm ’YUKA ', new assitant staff of Pongyi ! アシスタントスタッフになった’ ゆか ’ です!

 

アシスタントスタッフの’ゆか’です。

 

< Japanese >

 

私の名前は ' ゆかこ ' です。

ポンギーでは ' ゆか ' と呼んでください。

 

生まれは島根県で、育ちは東京。3人兄弟の末っ子です。

犬を3匹、トカゲ、カエル、ウーパールーパーを飼っています。

 

今月(9月)からポンギーでお世話になります。

今年の7月にポンギーに泊まって、とても居心地が良かったのと、

スタッフの方々のハートのある接客を感じたて安らぎをもらえたことで

ポンギーで働くこに決めました。

 

趣味は、Netflixでドラマや映画をみること、旅行と写真を撮ること、

料理すること、美味しいコーヒーを飲むことです。

 

自分の最近好きな料理は薬膳です。

体の調子をみて自分の状態に合った料理を食べると元気になります。

 

また、日本中こゲストハウスを巡るのが好きです。

将来は、自然があるところでゲストハウスの経営を考えています。

 

海外旅行も好きです。30カ国ぐらいは行ってると思います。

20歳の時に3ヶ月ちょっとピースボートにのって海外に行ったこともあります。

素晴らしい経験でした。

 

短期間ですが、アメリカのオレゴンとオーストラリアのシドニーでホームステイを

したこともあります。

 

これから、どうぞ宜しくお願いします!

ポンギーでお待ちしています!

 

< English >

 

Hi! I’m Yukako.

Please call me ' Yuka ' 

 

I was born in Shimane and raised in Tokyo.

I have 2 older brothers and a few pets: 3 dogs, a lizard, a frog, and a fish.

 

In the past, I have worked at an advertising agency, in a hotel as cook,

and in a real estate agency.

 

From this month, I will work here at Pongi.

I stayed here in July and I thought it was really comfortable.

I felt the staff were heartwarming people who made me feel relaxed,

so I decided to work here. 

 

Some other things you might want to know about me are:

I like watching dramas and movies on Netflix and I also like traveling,

taking pictures, cooking, and making coffee.

 

My favorite cuisine is health food cuisine.

I cook food that best matches how I feel and that energizes me.

I’m not a picky eater and I cook with the ingredients I find at the local supermarket.

 

I also love to visit guest houses all over Japan.

In the future I want to manage a guest house.

If possible, I’d love to live a in a near nature.

 

I also love to travel overseas.

I studied abroad for a short period in America and Australia.

 

If I remember correctly, I have been to about 30 countries.

I also boarded a ship called Peace Boat when I was 20 years old.

It was a wonderful experience.

 

Thank you very much in advance.

I'm waiting for you at Pongyi !

 

 

これから頑張ります!

 

 

There is an English translation below.

 

< Japanese >

 

ポンギースタッフの ‘にいな’ です。

 

つい先日、新人のご挨拶をさせていただいたと思っていましたが。。

ポンギーに来て、あっという間に1年が経ちました。

 

先日、先輩の‘まる’さんが退職されました。

まるさんはいつまでもポンギーにいるものだと思っていたので、

まるさんの退職は晴天の霹靂でした。

 

「私が、先輩の‘まる’さんや‘ゆう’さんの後を継いでポンギーで

やっていけるのだろうか」と不安いっぱいですが、いっぽうで

「頑張ってやってみよう!」との思いも強くしています。

 

もともと私は新米看護師でしたが、急かされるのが苦手で気の弱い

私は、毎日死と隣りあわせにいる職場に向いていないと思っていました。

 

「充実して生きたい!」と思っていたところ。。。

ふと頭に浮かんだのが、いつも息抜きに泊まりに来ていたポンギー

スタッフの笑顔となんとも言えない安心感でした。

 

思いきってポンギーのスタッフに応募して、今はスタッフとして

働いていますが、1年経った今、自分の決断を振り返って、

 

「大正解」!

私の人生の中で一番充実している1年です!

 

今年の2月はポンギーの研修活動で、ミャンマーの孤児院で

ボランティア活動をしてきました。

(私にとって初めての途上国、初めてのボランティア活動経験でした!)

 

     

 

厳しい環境の中でも、笑顔で生きている子供たちを見て、

私の方が勇気をもらいました。

 

お宿代の一部がアジアの子供たちの自立支援につながるサイクルの中で、

実際にそれがどのように役立てられるのかを見てこれたことは

とてもよい経験でした。

 

 

ポンギーは、本当にゲストさんお一人お一人のことを大切に、

「ハートで」お迎えしていることを実感しています。

 

まさきさんはいつも、「心からの笑顔でゲストさんをお迎えしよう!」

と言っています。

 

はじめは「心からの笑顔ってなんだろう?」とよくわかりません

でしたが、今はなんとなく「自分に壁をつくらない」ことなのかな

と思っています。

 

人とのコミュニケーションが得意でない私は、どうしても自分を

よくみせようと緊張してしまいますが、「そのままの自分」で接すれば、

相手も壁をつくらないということが、ようやくわかってきました。

 

ポンギーでは、しょっちゅうスタッフ同士でコミュニケーションをとり、

ミーティングをします。

 

ゲストさんに適切な対応ができたか、自分がその時どのような気持ちで

対応したか、などということを話し合います。

 

そのため、自然に、自分を見つめる機会がとても多くなります。

 

このことが、「こころから」ゲストさんをお迎えすることに

つながっているのだと思います。

 

これからも、たくさんの方に愛されるポンギーであり続けられるよう

一生懸命頑張ります。                                                                                

 

まだまだ会話が苦手で、のんびり屋な私ですが、どうかあたたかく見守って

いただけると嬉しいです。

 

ポンギーで皆さまにお会いできることを楽しみにしています!

 

スタッフ にいな

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

< English >

 

This is Nina, staff of Pongyi.

 

I was thinking that I just had a newcomer’s greeting the other day.

But actually one year has already passed quickly.

 

The other day, 'Maru san' retired.

 

Because I thought that Maru san would stay forever in Pongy, I was very surprised at her retirement.

 

I’m worried whether I will be able to do in Pongyi after Maru san and Yuu san.

However, on the other hand, I’m feeling that I will do my best !

 

I was a brand new nurse, but I was thinking that I am not suitable for the workplace which is always next to death.

 

I was looking for a way to live with a fulfilling heart.

 

Suddenly the smile of the staff and a feeling of relief of Pongyi, where always I stayed for relax, came to my mind.

 

And when I realized, I applied for the staff of Pongyi.

 

Looking on the past year……

my decision was very correct !

 

This one year is the most fulfilling year in my life!

 

I participated in an orphanage volunteer activity in Myanmar, as a training activity of Pongyi, in this February

 (It was my first visit to developing country and my first volunteer work experience!)

 

I got courage from the children who are living with smile even in a severe environment.

 

 

Masaki san, the representative of Pongyi, is always says ‘ Let’s welcome all guests with a smile from the bottom of heart.

 

At the beginning, I could not understand what a smile from bottom of heart was.

Now, I think it is not to make a wall in my heart ‘.

 

I am not good at conversation, so I always hid my heart to be seen good by other people.

I realized that if I talk with an open heart, the other person also opens his heart.

 

In Pongyi, the staff always communicate to learn whether we were able to do service appropriately.

 

Therefore, the opportunity to look at yourself naturally increases.

‘ To look at myself ‘, I think this is one of the best way to learn how to welcome guests with heart.

 

I would like to do my best so that Pongyi will continue to be a guesthouse loved by all people !

 

I’m still a beginner but I am happy if you could watch with a warm heart.

 

I am very much looking forward to seeing you at Pongyi !

 

 

Nina

Staff, Guest House Pongyi