マスクを通して「思いやり」の交流!

 

 

 

まさきです。

 

前回の記事で、ゲストさんにお渡しする手作り「思いやりマスク」

をポンギーで作り始めたことをお伝えしましたが、

 

先日、マスクを通して「人への思いやり」の暖かさを感じたことがありました。

 

新型コロナの影響で、開店休業に近い毎日が続いており、

「少しの間休館にしようか。。」と考えていたところ、

あるアメリカ人の男性の方(Dさん)からの予約が直前に入りました。

 

最近は金沢の街中で外国人観光客の姿はほとんど

見かけなくなっていたので、お会いするのを

楽しみにしていました。

 

その日の宿泊は、Dさんお一人。

 

Dさんが不安にならないよう、私も、女将のにいなも、

マスク着用で、館内の除菌対策もポンギーができ得る

最善の対応でお迎えさせて頂きました。

 

お会いしたDさんはアジア系アメリカ人の方で、

とても穏やかで礼儀正しく、マスクを着けておられました。

 

まさき:「よくマスクが手に入りましたね!」

    「金沢ではまだ手に入りにくいんですよ」

 

Dさん:「東京、京都と滞在して20か所くらい探して

     ようやく手に入れた数枚のマスクの内の1つです」

 

Dさんのマスク探しの苦労が伝わってきました。

 

そこで、女将のにいなが手作りしているマスクを

お渡ししたところ、

 

Dさん:「本当にありがとうございます!とても嬉しいです。大切にします!」

 

と、とても喜んでいただきました。

 

聞けば、日本がアメリカからの入国制限を発表する前に日本に来られて

旅行しておられるとのこと。

 

今は毎日、新型コロナウィルスの情報をチェックしていて、

 

「4月いっぱいは日本に滞在できますが、今すぐにアメリカに

 帰国するか、アメリカの感染拡大のピークが過ぎるのを

 待ってから帰国するかとても悩んでいます」

 

とのことでした。

 

翌日、チェックアウトの日。

 

Dさん:「アメリカに帰国するフライトがなくなるかもしれないし、

     すぐに帰国することにしました。」

 

と、日本滞在の予定を切り上げ関西方面に向かわれました。

 

そして。。Dさんがチェックアウトされた翌日のこと。

Dさんから1通のメールが届きました。

 

ポンギー宛に「贈り物」を送りました。

という内容のメールでした。

 

その次の日、小包が届いたのでドキドキしながら

何だろう?と箱をあけてみると。。。

 

 

なんと、

マスクが入っていました!

 

 

それも、1箱も!

 

おそらく、Dさんが大阪で見つけて、私たちの分も

買ってくれたんだと思うと、胸が熱くなる思いがしました。

 

今、アメリカも大変な状況になっていて、

マスクも足りないであろうし、

 

これから、Dさんもマスクが必要だろうにもかかわらず、

1箱分のマスクを買ってポンギーに送っていただいたなんて!

 

 

Dさんの暖かなハートで、私たちのハートもさらに暖かくなりました。

 

相手を思いやる心は、広がっていきます。

 

この大変なご時勢だからこそ、「他人への思いやり」を大切に

していきたいものです。

 

 

コメント