金花糖のプレゼント♪

 

 

にいなです。

 

数日前、和菓子職人のえーちゃんがふらりとポンギーに現れ、素敵なプレゼントをしてくれました♪

 

それが、これ、金花糖(きんかとう)です!

 

ポンギーブログでは過去何度か紹介していますが、金花糖の名前を初めて耳にした方も

きっと多いのではないかと思います。

 

金花糖(金華糖とも書かれます)は砂糖と水を熱で溶かし、木型に入れて固めて色を付けたものです。

 

江戸時代にヨーロッパから伝わり、最初は高価な献上品でしたが、明治時代には庶民にも広まりました。

昭和初期には日本各地で生産されていたそうです。

 

しかし・・繊細な手作り作業が大量生産に向かず、生産者が減少し、今では金花糖を生産しているのは

金沢のほかは長崎など、ごく限られた地域なんだとか。

 

そんな貴重な金花糖を、えーちゃんは毎年ポンギーにプレゼントしてくれます。

鯛やはまぐり、桃など、見ているだけでおめでたい!

 

この場を借りて‥えーちゃん、いつも本当にありがとうございます!

 

 

(心なしかちょっと照れている感じのえーちゃんです♪)

 

ちなみに、鯛などの和風な型以外にもいろいろな形の型があるようです。

 

 

 

象やりす、白鳥など、かわいらしい形もたくさん♪

優しい色合いと相まって、見ているだけでほんわりした気持ちになりますね〜

 

今日ご紹介した金花糖は、ポンギーのお祭壇の前に並べて飾らせていただきました。

 

皆さま、今はコロナウイルスで大変かと思われますが、落ち着いたらまたぜひ見に来てくださいね♪

 

 

えーちゃんのお店はこちら♪

加賀銘菓の越野(ひがし茶屋街のすぐ近くにあります!)

http://www.spacelan.ne.jp/~k.koshino/