これから頑張ります!

 

 

There is an English translation below.

 

< Japanese >

 

ポンギースタッフの ‘にいな’ です。

 

つい先日、新人のご挨拶をさせていただいたと思っていましたが。。

ポンギーに来て、あっという間に1年が経ちました。

 

先日、先輩の‘まる’さんが退職されました。

まるさんはいつまでもポンギーにいるものだと思っていたので、

まるさんの退職は晴天の霹靂でした。

 

「私が、先輩の‘まる’さんや‘ゆう’さんの後を継いでポンギーで

やっていけるのだろうか」と不安いっぱいですが、いっぽうで

「頑張ってやってみよう!」との思いも強くしています。

 

もともと私は新米看護師でしたが、急かされるのが苦手で気の弱い

私は、毎日死と隣りあわせにいる職場に向いていないと思っていました。

 

「充実して生きたい!」と思っていたところ。。。

ふと頭に浮かんだのが、いつも息抜きに泊まりに来ていたポンギー

スタッフの笑顔となんとも言えない安心感でした。

 

思いきってポンギーのスタッフに応募して、今はスタッフとして

働いていますが、1年経った今、自分の決断を振り返って、

 

「大正解」!

私の人生の中で一番充実している1年です!

 

今年の2月はポンギーの研修活動で、ミャンマーの孤児院で

ボランティア活動をしてきました。

(私にとって初めての途上国、初めてのボランティア活動経験でした!)

 

     

 

厳しい環境の中でも、笑顔で生きている子供たちを見て、

私の方が勇気をもらいました。

 

お宿代の一部がアジアの子供たちの自立支援につながるサイクルの中で、

実際にそれがどのように役立てられるのかを見てこれたことは

とてもよい経験でした。

 

 

ポンギーは、本当にゲストさんお一人お一人のことを大切に、

「ハートで」お迎えしていることを実感しています。

 

まさきさんはいつも、「心からの笑顔でゲストさんをお迎えしよう!」

と言っています。

 

はじめは「心からの笑顔ってなんだろう?」とよくわかりません

でしたが、今はなんとなく「自分に壁をつくらない」ことなのかな

と思っています。

 

人とのコミュニケーションが得意でない私は、どうしても自分を

よくみせようと緊張してしまいますが、「そのままの自分」で接すれば、

相手も壁をつくらないということが、ようやくわかってきました。

 

ポンギーでは、しょっちゅうスタッフ同士でコミュニケーションをとり、

ミーティングをします。

 

ゲストさんに適切な対応ができたか、自分がその時どのような気持ちで

対応したか、などということを話し合います。

 

そのため、自然に、自分を見つめる機会がとても多くなります。

 

このことが、「こころから」ゲストさんをお迎えすることに

つながっているのだと思います。

 

これからも、たくさんの方に愛されるポンギーであり続けられるよう

一生懸命頑張ります。                                                                                

 

まだまだ会話が苦手で、のんびり屋な私ですが、どうかあたたかく見守って

いただけると嬉しいです。

 

ポンギーで皆さまにお会いできることを楽しみにしています!

 

スタッフ にいな

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

< English >

 

This is Nina, staff of Pongyi.

 

I was thinking that I just had a newcomer’s greeting the other day.

But actually one year has already passed quickly.

 

The other day, 'Maru san' retired.

 

Because I thought that Maru san would stay forever in Pongy, I was very surprised at her retirement.

 

I’m worried whether I will be able to do in Pongyi after Maru san and Yuu san.

However, on the other hand, I’m feeling that I will do my best !

 

I was a brand new nurse, but I was thinking that I am not suitable for the workplace which is always next to death.

 

I was looking for a way to live with a fulfilling heart.

 

Suddenly the smile of the staff and a feeling of relief of Pongyi, where always I stayed for relax, came to my mind.

 

And when I realized, I applied for the staff of Pongyi.

 

Looking on the past year……

my decision was very correct !

 

This one year is the most fulfilling year in my life!

 

I participated in an orphanage volunteer activity in Myanmar, as a training activity of Pongyi, in this February

 (It was my first visit to developing country and my first volunteer work experience!)

 

I got courage from the children who are living with smile even in a severe environment.

 

 

Masaki san, the representative of Pongyi, is always says ‘ Let’s welcome all guests with a smile from the bottom of heart.

 

At the beginning, I could not understand what a smile from bottom of heart was.

Now, I think it is not to make a wall in my heart ‘.

 

I am not good at conversation, so I always hid my heart to be seen good by other people.

I realized that if I talk with an open heart, the other person also opens his heart.

 

In Pongyi, the staff always communicate to learn whether we were able to do service appropriately.

 

Therefore, the opportunity to look at yourself naturally increases.

‘ To look at myself ‘, I think this is one of the best way to learn how to welcome guests with heart.

 

I would like to do my best so that Pongyi will continue to be a guesthouse loved by all people !

 

I’m still a beginner but I am happy if you could watch with a warm heart.

 

I am very much looking forward to seeing you at Pongyi !

 

 

Nina

Staff, Guest House Pongyi