2016.07.23 Saturday 17:44

はじめまして、アシスタントスタッフのマットです!

はじめまして、アシスタントスタッフのマット(45歳・男、本名マサアキ)です。6月の上旬あたりから、ポンギーで週に2回ほど働きはじめ、そろそろ2ヶ月になります。

 

今回「ブログに何でも書いていいよ」と言われたので、あまりまとまってないんですが、感想などをつらつらと書いてみたいと思います。

 

僕がこのポンギーにくるようになって、不思議というか、いちばん驚いたのは(…と言ったら本当に失礼なんですが)ここに訪れるゲストさんたちでした。

そもそも、僕はここにくるまで「ゲストハウス」というものがあることすら、ほとんど知りませんでした。これまで僕がどこか旅行に行く場合、特に一人での旅行の場合、だいたい泊まるのは全国チェーンのビジネスホテルです。

 

もともと出不精なので、めったに旅行には行かないんですが、それでも少ないながらこれまでのことを思い返すと、だいたいがビジネスホテルに泊まり、目的の用事の他にヒマな時間ができたら、近場の本屋をぶらぶらして、夕食なんかは近所のコンビニで買ってきて、ホテルの部屋で食べてました。

 

さすがに誰か連れの人たちがいたり、ツアーなどにそろって参加するときは、温泉旅館や大きなホテルに泊まったり、地元の名物を食べ歩いたりもしますが、一人だとだいたい「ビジネスホテルに荷物預け → ちょっと観光 → 書店 → コンビニ → ビジネスホテルで就寝」…です。

僕にとってはそれが「普通」で、「旅行というのはそういうもの」でした。

 

もちろん一人でもいろいろおいしいものとか調べて、あちこち歩いて回ればいいんですが、なんか用事が済んでしまうと、あとはホテルでひっくりかえってぼぉ〜っとしたくなるんですよね。お酒も飲まないし、他に何をどうすればいいのかもよくわかりませんでしたし。

 

なので、例えばテレビの旅番組などで、タレントさんたちが「旅先での出会い」とか「現地の人たちとのふれあい」とか話してるのを見ても、それはテレビの世界だけの話だと感じてました。だって、僕の旅では、現地の人と出会ったり、ふれあったりしませんから。

ところが、ここポンギーのゲストさんたちは違ったんですね…。

例えば、こんな感じです。まず「こんにちは〜」とゲストさんが初めていらっしゃいます。で、ポンギーのオーナーのマサキさんとかマルさんがニコニコと出迎えて、チェックインの手続きをされます。この辺りまでは、僕のビジネスホテルバージョンと似ています。僕だってチェックインぐらいはしてます。

 

でも、このあとからです。「今日はどちらから?」とか「この後の予定は?」といった、マサキさんマルさんからの質問に、ゲストさんの方も慣れた感じで「〜に行ってきたんですよ」とか、「この後は〜を見てこようと思ってます」と返します。ポンポンと会話がはずんできますが、すでにこのあたりで自分には「未知の旅」の姿です。

 

そこに、もうチェックインを済ませている他のゲストさんがいらっしゃると、マルさんとかが「こちら〜からいらっしゃってる○○さんです」「こちらは今来られた○○さん」…とそれぞれ紹介が始まります。すると、なんか自然にゲストさん同志の会話が始まって、ポンギーのスタッフが席をはずした後も、「金沢はどこのレストランがおすすめだよ」とか、「あれは見といた方がいいよ」といった情報交換が始まるわけです。

 

さらにポンギーの場合、急に外から「こんにちは〜」と誰かが入ってくるので、新しいゲストさんかと思ったら近所の方だったり、マサキさんやマルさんのお友達だったりして、そういう人たちがニコニコと中に上がってこられます。で、そこにいらっしゃるゲストさんたちと「こんにちは〜」とか「はじめまして〜」とあいさつしあって、これまた普通に会話が始まっていくわけです。何なんでしょうか、この風景は…。 

 

しかも、ポンギーのゲストさんは日本の方だけでなく、海外から来てる方も多いわけで、でもそんなのおかまいなしに?少々ブロークンな英語だったりもしますが、日本のゲストさんも、近所の方も、マサキさん・マルさんのお友達も、みんなでわいのわいの話がはずんでいきます。

僕もガンバってその会話に参加しようとはしてますが(無理してる感じが、モロばれだと思いますが…)、初めのころは正直、驚くばかりでした。「おぉぉ、これが旅の出会いというものか〜!」と。大げさですけど、そうやって旅先で出会った「初対面の方同士」がポンポンと会話をはずませていく姿は、まるで何かちょっとしたすごい「空中戦」でも見せられているような、ほんと僕の全く知らない「旅の姿」でした。

 

たしかに「初対面の人とすぐにうちとけなさい!」とか、「初めての土地で出会う現地の人たちと急に話をして!」と言われると腰が引ける僕ですが、でも今思えば一人で旅をしてる時でも、ちょこっと誰かと話をしたいかな…とは思ってるわけです。

 

もちろん一人でぶらぶらするのも気楽でいいし、一人部屋もコンビニ弁当での夕食もその方がなんか気楽だから選んではいるんですが、でも多少は「その土地ならではの話」とか、他の土地から来てる人の「旅の話」なんかも聞くチャンスがあるなら聞いてみたい、と思ってはいるわけです。

でも、なんかそういう「機会」というか、「場」を持つにはどうしたらいいのかを知らなかったんですよね…。旅先でどういう風にして他の人たちと知り合っていくのか?という方法も、いい年してよくわかってませんでした。まさか初めての土地の「駅」とか「街中」で知らない人に話しかけるのも変ですし、逆に話しかけてくるのは、キャッチセールスみたいな怪しい人たちばかりでしょうし…。

 

それが、ポンギーにくるようになって、リラックスしながら、しかも僕よりもはるかに旅というものを楽しんでるゲストさんたちとお会いするようになって、初めて「なるほどなぁ」と思いました。こういう風に出会っていけるなら、確かに旅も楽しいだろうなぁ…と。もう40を過ぎてホント今さらなんですが、「旅をする」ということについて、(なんかえらそうな言い方ですけど)ポンギーとそこにいらっしゃるゲストさん達から、いろいろと学んでいる気がしています。

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.