ポンギーで働いていて思うこと〜新米スタッフ ' にいな '

JUGEMテーマ:日記・一般

 

staff Nina

 

こんにちは!今年の4月に新しくスタッフとしてPongyiに加わったスタッフのにいなです!

 

Pongyiでの生活はとても充実していて、あっと言う間にもう半年が過ぎてしまいました。 kyu

 

半年経った今、ポンギーに来てから思ったことや感じたことなどを、皆さんにお伝えしたいと思います。

 

ポンギーに来る前は、まさか自分がゲストハウスで働くことになるなんて夢にも思っていませんでした。汗

 

ゲストとして泊まったのがポンギーとの出会いでした。kira

初めてポンギーに泊まった時、一緒に泊まったゲストとすぐ仲良くなれて家族のように過ごせるポンギーの空間が大好きになり、それ以降、ちょくちょく休みの日を利用して泊まりに来るようになりました。

 

何回か泊まって、Pongyiはゲストハウスでありながら、アジアの子供たち支援もしているし、働いているまさきさんやまるさんが、みんなのハッピーを願ってとても活き活きしているし、宿を運営しながら自分と向き合い、裏表なく他の人のハッピーを願って働ける不思議な場所だなぁと感じるようになりました。

それが、「ポンギーで働きたい!」と思うようになった理由です。Docomo_kao7

 

ポンギーで働くことになって、まず、代表のまさきさんから言われたことは、

Pongyiで一番大切にしていることは、『自分らしく生きること』そして『今、どのような心で、他に対して何ができるかを考え行動するということでした。

 

「あれ?お客さんのことよりも、自分のことが初めに来るの?」と思いましたが、

半年たった今、ようやく、自分が充実していないとゲストさんに心からのおもてなしができないんだ。。ということがわかってきました。

作った笑顔はゲストさんにもわかるし、心からの笑顔は伝わります。スマイル

 

Pongyiでは、何かをするときには、何かをさせられているという意識でするのではなく 自分がやるんだという意識で物事に取り組むことを大切にしています。

 

新米スタッフといえども、ポンギーに関わることにはすべて責任感を持ってかかわります。イベントや事務仕事に至るまで、他のスタッフがやることだから。。と「他人ごと」としてみるのではなく、すべてに関心をもって関わることが求められるのです。

ポンギーは、オーナーのまさきさんが中心ですが、3人のスタッフ全員で作り上げていってるんだということを実感しています。

 

ポンギーに来られるゲストさんは、どうしてすばらしい方たちばかりなのだろうと不思議に思うくらい、本当にすてきな方々が世界中から集まってきます。顔

 

あるゲストさんは、チェックアウトの時にありがとうの言葉とともにお花をプレゼントしてくださいました。またあるゲストさんは、帰国なさってからかわいい人形とお菓子を贈って下さいました。ゲストさんで、また金沢に来る機会があったら絶対Pongyiに来ようと思っていた、と言って再び帰ってきてくださった方もいます。日本旅行の中でPongyiでの滞在が一番の思い出になったと言って下さった方もいました。ゆう★

 

Pongyiで働いていると、話ベタで不慣れな私にもかかわらず、ゲストさんからのたくさんのありがとうの言葉や思いやりの気持ちを頂くことが多く、本当にあたたかい気持ちになります。これが、今の私の充実につながっています。

 

スタッフになってまだ半年ですが、私にとってのPongyiは、日々、エネルギーが湧きあがってくる場所です。 正直、自分はまだ「充実して生きる」ということがよくわかっていませんが、考えているよりずっとシンプルなものなんだろうな、と働いていて実感します。

 

これからも、スタッフ、ゲストさんを初めいろいろな方々とのご縁を大切にして、毎日を丁寧に生き、笑顔で皆さんをお迎えしていけたらいいなと思っています。

 

まだまだ、初心者マークの私ですが、これからもどうぞ宜しくお願いします。ちゅん

 

 

またまたアシスタントスタッフのマットです。

JUGEMテーマ:日記・一般

こんにちは。またまたアシスタントスタッフのマットです。

前回のブログでは、自分のことをいろいろ書かせていただいたので、もう少しスタッフとして働いて感じたことを書いてみたいと思います。

 

ここポンギーではよく大小さまざまなイベントものがあります。

 

日本文化のささやかな体験として「折り鶴」、「書道」、「抹茶」をつくってみたり。外国の方々には気楽に楽しみながら「お箸やお椀などの使い方・食事のマナー」をご紹介したり…。

 

時には「お好み焼き」とか「親子丼」を作って食べる…といった「食事会」のようなものや、あるいは、これも食事といえば食事なんですが、「流しそうめん」のような「季節もの」もあります。

 

それらのイベントは大小限らず、「行うタイミング」を大事に考えられています。

来られるゲストさんに合わせて、できる限りのことが出来たらいいな、、、と「いつ」「何を」するかに

一番気を使われています。

 

「食事会」の時には「ポンギーway」があります。

「買い物一緒に!」「料理一緒に!」「もちろん一緒に食べて、片付けも一緒に!」です。

 

「流しそうめん」なども、すべて準備が終わってから「集まって食べましょう〜」ではなくて、竹を組んだり足場を作る段階からゲストさんにもお声がけして、いっしょにみんなで組み立てます。

 

もちろん、準備万端ととのってから来てもらって、食べるとこだけの参加も手軽で良いのかもしれませんが、そこをあえて少し手間のかかる準備から参加することで、「こういうふうに夏を楽しんでいるんだな〜」「こんなふうに季節をとらえてるんだね〜」と、日本の文化や日本人の工夫などをもっと知って楽しんでいただくことにつながっているような気がします。

 

一緒に作業することで初めて会ったゲストさん同志もすぐに仲良くなれるし。。。

 

小さなイベントであろうが、どうすればより楽しんでいただけるか、いつも真剣に考えているところ。。

これが新人の僕がいろいろイベントに参加していくなかで、学んだ?ことというか、気づかせてもらえた「ポンギーの姿勢」なんですよね…。

 

 

金沢のいくつもあるお宿の中から「ポンギー」を選んでくださったことへの「あんやと〜(ありがとう)」がいっぱいつまっていること、ぜひ知っていただきたくて、新人のクセに?我ながらがんばって語らせていただきました。

 

これからもどうぞ末なが〜くポンギーをよろしく〜(^^)。

冬の金沢の過ごし方?

こんにちは。スタッフのまるです。

今年は暖冬と言われており、例年より雪が少なく気温もちょっと高めです。
雪かきの回数が少ないのは正直助かっていますが、こんな気候で地球大丈夫かな、、と思う今年の冬です。

そんな中でももちろん金沢らしい寒〜い日もあります。
  
こんな寒い中でもゲストさんがたくさん来てくださって本当に有難いです。

冬の時期、特に2月はチャイニーズニューイヤーがあるので、台湾のゲストさんがとても多いです。

皆さん、寒い日の金沢の旅をどんなふうに過ごされてるのかな〜と見てみると・・・

ご家族で金箔工芸の体験♪
金沢はなんといっても金箔工芸で日本一有名な町ですから〜
     

2時間ぐらいかかったけど、とても集中して楽しめたとのこと。
兼六園のシンボル「琴柱燈篭(とうろう)」のデザインが金沢らしくって素敵ですね〜!
東茶屋街にある、「金箔工芸さくだ」さんを利用されたそうです。

それからなんと、同じ日に和菓子作りにも挑戦♪
兼六園近くにある「観光物産館」を利用されました。

金沢はいろんな伝統工芸の体験が出来、寒くて外を歩き回りたくない日も楽しめたと
とても喜ばれていました。

夜はポンギーの談話室のコタツに集合して、「かるた」をしました。
台湾の親子と別のご姉妹。
 
みなさん日本語を勉強されている方々ばかりだったので、相当盛り上がりました〜♪

そのあとみんなでお餅を焼いて食べました。日本通のみなさんですがおもちは初めてだそうです。
台湾にもお餅はあるそうですが、あんこやきなこと食べたり甘くして食べるそうです。
海苔と砂糖しょうゆの組み合わせにとてもびっくりされていましたが、とても気に入ってくださったようです。

  

寒い夜は「熱燗」で一杯ですよね。
 
石川のお酒は美味しくて有名だよね、とお楽しみの時間♪
台湾一家のお父さんが
考えた熱燗の方法、それは。。。ストーブの前に置かれた酒ビンでした。(う〜ん、いつあたたまるのだろう??)


電子レンジでチンできることを教えて指し上げたら、かなり感謝されてしまいました^^

寒い金沢の過ごし方、ある一例でした♪ご参考にいかが♪♪

byまる




 

ポンギーのお正月

スタッフのまるです。

新年あけましておめでとうございます。


昨年の大晦日はNHKラジオの「ゆく年くる年」の生中継がわがポンギーからオンエアされたり、いつも通り年越しそばを食べ、紅白歌合戦をみんなで観たり、4年間一緒に働いてきた女将ゆうちゃんの最終日でもあり、みんなで送る歌を歌ったり、いつもよりなんだかすごい年の終わりでした。
  
   

今年の初詣は真夜中過ぎからゲストさんや地元のみんなと安江八幡宮へ。
ここは金沢で有名な「起き上がり八幡」の発祥の地。
宮司さんは「和ごころ楽しみ隊」の仲間でもあります。
  

そして元旦の朝。
ポンギーファミリー最後の写真かな。。とちょっぴりしんみりしましたが、
元気よくゆうちゃんをお見送りしました。


お正月三が日はいつもお雑煮をみんなでいただきます。
お、実はこのお雑煮、北國新聞1月3日の朝刊にも載りましたよ♪
オーストラリアのカップルさんと香港の女性が取材を受けられました。
    



そして正月は「かぶら寿し」。
ポンギーの建物の大家さんや、倉庫の大家さんから有り難い事にいつもいただきます。
北陸地方の郷土食で、塩漬けのかぶらに塩漬けのブリをはさんで麹に漬け込み発酵させたもの。
各家庭のお味なのです。


そして冬は甘酒ですね〜。お友達のNちゃんが作ってきてくれたもので、ゲストさんみんなでいただきました。
タイのご夫妻は、京都のお寺でふるまわれた甘酒ですっかり大好きになったそうで、
とても喜ばれていました。
  
書初めもお正月に欠かせませんね。
ポンギーでは2日に限らず、元旦から15日のどんと焚きまでずっと書いていただいています。
今年の抱負や願い事。。。「何にしようかな」とじっと考えている皆さんを横で見るのが好きです。
    

早、7日は七草がゆ。
厄除けと一年の健康を祈って食べます。
お正月におもちやご馳走を食べすぎた胃を整える意味もありますね。
    
日本の独特な習慣や食事など最も多く味わえる年末年始を旅する外国人の方々って、
ほんとに日本が大好きな方々なのだと思います。
日本の一般的なお正月の体験が心に残るといいですね。。

日本人のゲストさんも田舎に帰ってきたみたいに楽しんでいただけたようで、
私たちも嬉しいかぎりです。

金沢の実家と思ってまた里帰りしてくださいね。


そろそろ松の内も取れる頃となりました。
遅まきながら、今年もどうぞよろしくお願い致します!!
 さる年の古代文字 福島美生さん作

byまる









 

兼六園と金沢城の桜めぐり♪

まるです。

金沢は今、桜が満開です。
  
今年は開花宣言が3月31日で、例年より4日も早かったものの以降気温がガクッと下がったため長くもっているようです。

今回、金沢市旅館ホテル協同組合主催の「金沢 まち巡り研修〜桜の兼六園・金沢城公園〜」に参加し桜についていろいろ教えていただきました。

教えてくださったのは金沢ボランティアガイド「まいどさん」です。

今年の天気は曇天続きでちょっと残念です。

兼六園の桜は全部で420本です。
兼六園と金沢城公園の間のお堀通りの桜がとても豪華です。
  
これらはほとんど「ソメイヨシノ」で、日露戦争で日本が勝利した時のお祝いに植樹されたそうです。

兼六園は江戸時代に出来たものです。
そのころはソメイヨシノという桜はまだ存在していなくて、山桜がほとんどだったそうです。
山桜は葉っぱが先に出てそれから花が咲くそうで、ソメイヨシノが終わったころが見ごろだそうです。
つまり兼六園の桜は2回楽しめるわけですね!

「桜ヶ岡」
 
桂坂から上がったところにがあり、これも明治以降に植えられたソメイヨシノの林のようなところ。
開花宣言の桜の木は以前この林の中の1本だったそうです。ちなみに今は県庁通りの桜が基準。

「旭桜」
 
​金沢城のシンボルは今は「琴柱(ことじ)灯篭」というのが当然ですが、実は昭和12年まではこのがシンボルだったそうです。
山桜なのでこれから咲きます。
元々は現中央小学校(村井家)に植わっていたのをお殿様がどうしても、と持って来たそうです。とても大きく立派なもので運ぶのに500人を要したとか。

「兼六園 熊谷桜」
  蕾発見。ぼけてしまいましたが赤いのがわかりますか。
桜ではめずらしい赤色の花が咲きます。


「兼六園 菊姫」
 「まいどさん」が貴重な写真を見せてくださいました。
300枚もの花弁で散る時は花柄ごと落ちるそうです。

「小糸桜」

井戸の真ん中からニョキッと出てます。これはちょっとかわいそうで怖い?言い伝えの桜です。
昔、小糸さんとい美しいが身分の低い女性がお殿様に見初められ、お城に上がることを命じられたのですが、それを断ったため
処罰としてこの井戸に投げ込まれたそいうです。そのあと桜が成長した・・・など嘘か真かわからない話が言い継がれているそうです。そのような話は各地にあるとか。。

「魔除けの石」

各橋のたもとにある大きな石は「橋には魔が付く」という言われがあるため、両方向に4つも魔除けのために配置されてるそうです。

「辰巳用水」
 
桜とは関係ありませんが、ちょっとご案内。380年も前に工事されたこの用水が今も機能していることこそが
兼六園の一番のすごいところなんです!!と「まいどさん」の熱い説明がありました。

常に水が澄んでいる流れを作るための石の配置や、高低差など考え尽くされた素晴らしいお庭だと改めて感動しました。
 

金沢城は石川門の周りの桜がやはりお城っぽい景観と映えますね。桜は全部で250本です。
  

中に入ると菱櫓と五十間長屋・菱櫓の北側に素晴らしい桜のアーチがあり、感動的です。
地元の皆さんも「こんなのあったんだ〜知らなかった〜〜」との声。
 

「太白桜」
 
旧第六旅団司令部建物(日清戦争と日露戦争の間に建てられた)の前にひそやかに立っています。
日本では一度は絶滅したそうで、イギリスから逆輸入したとても貴重なものだそうです。
この太白桜もソメイヨシノのあとに咲きます。


今回参加して改めて兼六園、金沢城公園の奥深さを少し知れたような気がします。

華やかでたくさん植えられているソメイヨシノが終わる頃、江戸時代以前からある山桜を楽しみに兼六園を訪れてみませんか!

 

笑顔が素敵で賞!

まるです。

先日、ポンギーが所属している「金沢市旅館ホテル協同組合」から、私、生まれて初めての表彰状をいただきました。





「笑顔が素敵で賞」

人生最高の賞です!!


 
金沢市長さんと。ちょっと緊張しています。。

本当にありがとうございました。
これからも毎日、心からの笑顔で
お客様をお迎えすることができますよう
精進致します。


 

よこっちょポッケまーと<アジア支援>

まるです。
3月16日(日)金沢市横安江町(金澤表参道)で開催された
「よこっちょポッケまーと」に参加しました。


カンボジアで新調したロンジー(ミャンマーの民族衣装)を着て目立ってみました♪

いつもPongyi内でご紹介しているアジア支援のチャリティグッズを
青空の下、一般のお客さまにも活動の紹介とともにグッズを買ってもらって
アジア支援に貢献していただこう!ということで今回で3回目の出店です。

前回買ってくださったお客様がまた楽しみに見に来てくださったり、
知り合いの方々が様子を見に立ち寄ってくださったり。
お顔見知りの出店者さんが増えてきて、「元気でしたか〜?」なんて声かけあえたり。
「PongyiってゲストハウスのPongyi?いったい何を売ってるの?!」と地元の方々が
興味を示してくださったり。
こういったイベントならではの楽しみですね。

前回お天気にたたられたので、リベンジ!したかったのですが。。。
なんと、今回も次第にあやしい雲行きに。
午後からは結構激しい雨風が続いたため、残念ながら途中で店じまいとなりました。


2回連続でリタイヤせざるを得ないというのは、結構気持ち的にきついものが
ありました。そんな大きな金額ではないにしろ、赤字出してやる意味があるんだろうか。。。

一緒にお店を手伝ってくれたNPOの仲間たちが
あと片付けをしながら、「これをやることにきっと意義があるんだよ!」と
言ってくれたことが、「またがんばっていこう!」と、気持ちを上向きにさせてくれました。

今回できなかったことなど、次回に活かそうと思います。

ちなみにひとつだけ売れたもの。。。
素敵なショッピングバッグ!だんな様に奥様がプレゼントされていたようです。
うれしいな〜♪

次回は5月の中ごろになると思います。
こりることなく参加しようと思っていますので、またお知らせします!

ゆうです〜ポンギーの女将を任せて頂くことになりました♪

ゆう(Yuu)です。
明けましておめでとうございます。

本年(2014年)から、ポンギーの女将を任せて頂くことになりました。

2012年にポンギーにスタッフとして加わってから、
日々、オーナーのまさきさんから
ポンギーが大事にしていることを教えて頂いてきました。

「今、この瞬間にどんな心で何を実践するか」
「私は私として、他に対して何ができるか」
「頭で考えず、ハートで感じハートで応える」
 などなど。

これからはさらに責任を持ってそれらのことを自分の核にしっかり刻み込み、
皆さまをお迎えさせて頂きます。

まだまだひよっこ。
日々、自分と向き合う毎日で
とてもまさきさんのようにはいきませんが、

凛として柔らかく。
しなやかで芯は強く。

そんな日本女性の気品と強さを兼ね備えた女将を目指して
いただいたチャンスを私らしく楽しんでいきたいと思います。

日本文化の体験や季節の催しをしながら
日本の皆さんには「日本に生まれてよかったと」
海外の皆さんには「日本に来てよかったと」
ポンギーでそのような瞬間を一緒に味わい、
女将として日々成長していけたら嬉しいです。

今後とも末永くどうぞ宜しくお願い致します。

ポンギー女将
ゆう


 
JUGEMテーマ:日記・一般

まるです〜アジア支援主担になりました。

まるです。

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Pongyiが設立5年目を迎える今年、心機一転いろいろと新しくなります!
今年から、ポンギーの「アジア支援主担 」 として、
ポンギーとしてできるアジア支援のことを担当させて頂くことになりました。

Pongyiは設立以来、皆さまからの宿泊代から100円ずつを
アジアの子供たちに寄付しています。
その他、さらに100円を東北義援金などに寄付したり、
フリーマーケットへの参加、アジアの手作りグッズの
販売協力などからの利益を、
アジアの子供たち支援のNPOに寄付してきました。

*寄付先:セアロ・グローバル・ハーモニージャパン
     http://www.cealo-ngo.org/

2年前からポンギーのスタッフとしてお手伝いさせて頂いていますが、
私がポンギーが好きなのは、ゲストハウスが好きなだけでなく、
アジアで僧侶経験をされたオーナーの想いである
「自分で働き、他に対して何ができるか考えて行く」
ポンギーのスピリットがあるからです。

「支援担当」という責任を頂き、とても嬉しく思っています!

まだまだこれからさらに何ができるか、考えていくところですが、
これから同じ想いがある仲間が増え、
みんなで何かできたらいいなと思っています。

私は以前、寄付先であるNPOセアロ・グローバル・ハーモニージャパンの
ボランティアセンターで働かせていただいたことがあります。
その経緯を活かして私ができることを
日々考え、精一杯行動にしていきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!


Pongyiアジア支援主担
まる



 

秋からクリスマスへ

 ゆうです

12月も半ばにさしかかりました。

連日雨続きだった金沢も今日は晴れ間がのぞいています。
この時期に金沢ではかなり貴重な太陽の日差し。
ここぞとばかりに日光浴しなきゃです。

ポンギーのちょっとしたところに
季節の手ぬぐいをデコレーションしています。

ポンギーの顔である玄関は特に季節を感じられるようにと
毎回あれこれ考えています。

先月までは「秋バージョン」でした。



美しい紅葉とたわわに実ったみかん。

玄関を入った瞬間に「秋」を感じてもらえたかしら。。。

そして今回は「クリスマスバージョン」へ模様替え



ソリに乗らず、笠を持ってサンタさんが歩いてプレゼントを渡しに行くようです。
クリスマスなのに日本らしいのがいいですね
ポンセチアの手ぬぐいで玄関がパァっと明るくなっています。

お部屋の中にもちょこちょこサンタさんが出没していますので、
お越しになった時は探してみてください